Powered by Six Apart

2018年8月31日 (金)

迷いなら捨てて後腐れなしで(鉄道blog)

鉄道サービス学科2年、お久しぶりのベフマこと坂部です。

この度、なんとおけいはん、ひらかたパークで有名な

京阪電気鉄道 様

から内定を頂くことができました!!わほーい!!!!

まさかのまさか、地元の大手企業から頂けるとは思ってなかったので連絡を頂いた時は携帯電話のバイブのように震えが止まりませんでした。

5ヶ月以上もの長い間面接を続けてきたなが〜〜い就職活動が遂に終わりを迎え

少し寂しさをも感じれます

まわりの人が続々と就活終了宣言をしている中での就活だったので非常に焦りもありました。

気持ちとしては居残り給食で6時間目まで食べていた時の気持ちです。

落ち込んだ時、辛い時に励ましてくれた全ての人に本当に感謝です。

思えば、高校の頃にも第1志望ではなかったものの、鉄道会社を受験しました。

しかし鉄道会社は試験の内容が少し特殊でその対策が全く出来ていなく撃沈しました。

そうした過去があったので、駿台に行くときも親族から物凄い反対を受けたこともありました。

そして、今年

就活が解禁されてから受けた企業多数。

面接に進めた会社はそのうちのほんと一握りでした。

なんでエントリーシートの紙切れ一枚でわかんねん

そんな事を思う日もありました。

しかし 妥協せず、就活を続けた結果、夢であり幼い頃からの第1志望の企業様から内定を頂けて本当に嬉しいです。

これから社会人になるともっと多くの挫折を経験すると思います。

そんなときに傷付きながらでも立ち上がって前に進む、この事がどれだけ大切でどれだけ難しいか

という事を就活を通じて多くの企業様と触れ合う事で学ぶこともできました。苦い思い出ですがこの経験は宝です。

話は変わり 今後、大阪万博が開催されるかされないかで議論が過熱しています。

もし、開催されれば大阪と京都の二大観光都市を結び有名な神社仏閣が沿線に建ち並ぶ京阪電車ではさらに多くのお客様がいらっしゃるはずです。

その際には、多くのお客様にマニュアルを超えたサービスを乗務員として、提供していきたいです。

学生生活はあと半年。

同い年の大学に行った子がまだ遊んでる頃には働いてるわけです。

しっかりと残り少ない学生生活をエンジョイするぞーーっ!

2018年8月27日 (月)

内定報告(鉄道blog)

皆様こんにちは。

鉄道サービス学科2年の加藤 遥です。

久々のブログです。暑い日が続いていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私事ではありますが、過日、株式会社全日警様から内定を頂きました。

辿り着くまでに辛かったことが沢山ありました。

面接対策やエントリーシート作成の時に小村先生の指導が沢山ありました。

時には先生から怒られることもあり、落ち込んでしまうこともありました。

でもここで諦めたら試合終了だと思い、頑張ってきました。

小村先生には本当に感謝しています。

本当にありがとうございました。

最後になりましたが、残り少ない学校生活を悔いなく過ごしていきたいと思っています。

2018年8月26日 (日)

めっちゃうれしいわ❗❗(鉄道blog)

ご無沙汰しております谷です。

今回は嬉しい報告をします。この度私は高松琴平電気鉄道様から内定を頂きました。

私は物心ついた時から鉄道の乗務員という者に憧れており、幼い頃ビデオを見ていた時もあのような

運転手さんに絶対になると思い今も変わらず絶対になると思ってたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

正直なとこまだみんなが内定をもらってない中でこの私が早く内定をもらったため申し訳ない気持ちが

ありました。その後みんながどんどん内定をもらって行き気持ちを分かち合えることが、できましたし

みんなが内定をもらうのは私自身も嬉しかったです。一番嬉しいのは内定をもらった本人だと思います。

内定を取るまでいろいろな先輩や先生友人にはめっちゃお世話になりました。

特に先生には授業以外で試験前に面接練習をしてくださたっりし、改めて火がついたりし無事内定をいただくことができたと思います。

10月から早期就業ということで後期から授業は受けませんが先生やクラスメイトのみんな本当にありがとうございました。また研修旅行や卒業式でお会いしましょう。

最後に一言 またみなさんも香川の私鉄琴電にぜひご乗車下さい。古い電車たくさん走ってて楽しいですよ。ではまたお会いしましょう。ありがとうございました。

2018年8月24日 (金)

「自分を見直せた期間」 (鉄道Blog)

皆さん、お久しぶりです。

鉄道サービス学科2年の尾關佳依です。

この度、株式会社JR西日本交通サービス様より内定を頂戴致しました。

私は「乗務員になりたい」という思いがあり、駿台に入学しました。しかし就職活動をしていく内に、この先50年・60年働いていく上で自分は何がやりたいのか・どんな仕事をしたいのかを考えさせられました。色々と考えた結果、自分は一番近い所で一番長く接しお客様を最初から最後まで見届けられる駅係員を目指す気持ちに変わりました。就職活動が始まるまでは、苦しいことばかりだと思っていました。ですが、いざ始まってみると楽しいこと良かったことも沢山ありました。自分がどんな性格でどんな人間なのかがよく分かった期間でもあります。

私は、1年次にインターンシップ・学校広報スタッフ(現在もしております)を経験しており、面接で聞かれた時体験談があったからこそ自分自身をさらにアピールできたと思っております。

<就職活動を通して学んだこと>

・自分を見直せたこと

・自分を信じる

・学生である限り、就職活動は決して避けられないもの

・企業についてより詳しく知れたこと

・辛い思いをしてるのは自分だけではないこと

・自身が成長出来たこと

・一日一日が大切なこと

・時間は大切なこと

・辛い時こそ自分でおさめないこと

・諦めない心を持つこと

色々なことを学びました。

就職活動を終えて、人生の高い壁をまた一つ乗り越えることが出来ました。これから沢山の壁にぶつかることがあると思います。なにがあっても決して諦めず、何事にも向き合う力をどんどん付けていきたいです。

「努力は必ず報われる」私が大切にしていることわざです。必ず証明出来るか分からないですけど、私はいつか必ず証明してみせます。

長くなり申し訳ありませんでした。

ありがとうございました。

2018年8月21日 (火)

振り返りと感謝(鉄道blog)

皆さんこんにちは

鉄道サービス学科2年の中尾です。

暑い日が続きますね。

 

さて、過日

四国旅客鉄道株式会社(JR四国)様より内々定を頂きました。

 

私は、約4ヶ月ほどの就職活動でしたが、これまでの人生の中で最も短いようで長く、しんどい期間でした。

入学時から絶対に鉄道の運転士になる!という思いを持ち、この1年間は人生の中で1番努力した年にしようと自分なりに必死に努力をしてきました。

ここで失敗すれば終わり。結果が全て。くらいのプレッシャーを自分にかけていましたが、思い返すと良くない考え方だったなと思います。

実際、結果が出ない日が続き、尽く友人達より早いタイミングで選考から外れ続け、面接試験を初めて通過した時には就活開始から3ヶ月弱が経過していました。

自分にはこの業界が向いてないのではないか?

せっかく進学させて貰ったのに最後まで結果が出ないのではないか?

などと何度も自分の夢を見失いそうになったり、不安で押しつぶされそうになる事もありました。

そんな中、不安を吐き出せたり相談に乗ってくれる友人達。小村先生や講師の方々。校長先生や事務の方々にも沢山アドバイスをいただき、また家族の支えで踏ん張り続けることができました。

そんな自分を認めて頂き、目標であった企業様からの電話があった時は正直腰が抜けました笑 本当に今の自分があるのは周りの方々のおかげだと思います。

就活において、努力は人を簡単に裏切ります。

でも努力をしないと目標には届きません。

やらずに後悔するなら、やって後悔した方が絶対に良いですし、努力した過程は近いうちに必ず自らの役に立ちます。それらを合わせ、就活では沢山の人と会話をして、色々な事を真っ直ぐに学び、愛嬌と笑顔を持つことが大切だと思いました。

これから入社というスタートラインに向けて私自身、真っ直ぐに努力を積み重ねて行こうと思います!

本当にありがとうございました!

2018年8月14日 (火)

皆様のお陰で...(鉄道Blog)

皆様こんにちは!

鉄道サービス学科2年の溝尻 一馬です

お久しぶりのブログですね。あれから月日があっという間に経ち、暑い夏となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、私事ではありますが、過日、株式会社JR西日本交通サービス様から内定を頂きました!

ここまでに辿り着くまで大変なことがたくさんありました...

去年の10月から、就職活動に向けて対策が始まりました。

インタビュー対策では面接練習で小村先生から厳しいご指導があり、ライティングスキルでは履歴書の練習や自己PRの400字、800字などを書きました。

そして今年の3月から就職活動が解禁し、エントリーシートや履歴書を書いたり、10社以上の会社説明会に参加し、筆記試験や面接を行いました。

しかし、どこも内定が貰えず、自分は何も出来ないと落ち込んでしまいました。

その時に、クラスメイトや先生方、家族など周りの人が励まして下さったお陰で頑張れました!

そして内定へと辿り着きました!

就職活動は決して楽なものではありません。ですが、その分周りの人の支えが大きかったです。

これから残りの学生生活を悔いなく過ごし、4月から鉄道員としてしっかりと頑張っていきます!

最後になりましたが、就職活動中に私を支えて下さった皆様に心から感謝いたします!

本当にありがとうございました!

2018年8月 5日 (日)

北の国から(鉄道Blog)

みなさんお久しぶりです

鉄道サービス学科の2年生になりました大津です
 
過日、北海道旅客鉄道株式会社様(JR北海道様より内定を頂きました

内定の電話を頂いたときにとても嬉しくてつい「本当ですか?」と聞いてしまいました(採用御担当者様 大変申し訳ございませんでした)

今思うとこの就活は色々な事が…

春期講習中にインフルと3月の中盤にもインフルという最悪からのスタートでした。エントリーシートも書けなくなり、後半に焦ってまとめて書きました

また、いろいろな会社の志望動機を覚えられずに担任の小村先生にはとても厳しく言われたことも多々あります。面接練習では言いたいことが全く話せなくなる時もありました。

しかし、どの様な時でも先生は手を差し伸べて下さいます。また、小村先生だけでなく市川先生やほかの講師、教務の方など様々な方から支えて頂きました。

だからこそ私個人の力ではなくこのような方々と一緒に取れた内定と強く思っています。(先生に連絡をした際は自分の事のように喜んでいただきました)

本当に感謝しております ありがとうございます

これからは働く北海道は魅力がた~~~~~~~くさんあり、とても最高の土地です!!

そして他社の鉄道会社にはない大きなプロジェクト北海道新幹線があり、ますます進化・発展していきます

これからは利用者ではなく支える側として、私自身も一緒に進化・発展していきます!

2018年8月 1日 (水)

ありがとうござました! (鉄道Blog)

こんにちは、お久しぶりです。鉄道サービス学科2年の牧野です。

皆様お元気ですか?私は元気です。

さて、早速ご報告です。

この度、四国旅客鉄道株式会社様より内々定を頂きました。

幼い頃からの夢、そして目標でした。まさか鉄道会社に就職できるとは...夢が叶いました。

ご指導いただいた先生方や、支えてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。

一安心ではありますが、ここがスタート地点だと考えるとこの先不安になりますね。

社会人としてやっていけるのでしょうか?なんだか気が遠くなります。

まずはこれからの学校生活を、そして社会人生活も、悔いのないよう過ごしていきたいと、

改めて思いました。

最後に一言。どんな時も余裕を持って、マイペーースマイペーース。

2018年7月26日 (木)

夢に向かって頑張った!(鉄道Blog)

皆さんこんにちは!

鉄道サービス学科2年の中井です。

お久しぶりのブログです!

この度、高松琴平電気鉄道株式会社様から内定を頂きました

3月から就活が始まって、色々大変な思いをしまいた。

面接対策の授業で怒られり落ち込んでみしまうことがありましたが、そして私の夢である鉄道を目指してがんばりました。

就活活動やっていくうえで、決して楽じゃないし、大変な思いもするし、嫌な思いもするけど、そこを頑張って欲しいと思っています。

就活活動で色々なことを学ぶことができましたあ。

最後になりますが、短い学校生活を楽しみたいと思います。

2018年7月24日 (火)

内定報告と感謝(鉄道Blog)

皆様、お久しぶりです!

2年の津山洋明です。

少し歩いただけでも汗をかきますね~。

私の部屋のクーラーも今月から稼働しています。

もう10年戦士ですので壊れないことを祈るのみ…

皆様も外出される際、熱中症対策はお忘れなく!

さて、話は変わります…

タイトルや、今までの記事の流れから察している方も多いと思いますが、

私、津山洋明、

四国旅客鉄道株式会社(JR四国)様

より内定を頂きました!!

内定の連絡を受けた時は、とにかく嬉しかったです!

涙が出そうになりました。(出ませんでしたが。笑)

3月から始まった就職活動、

当時私は、鉄道会社なんかに本当に就職できんのか?

という不安しかありませんでした。

年齢、学歴という大きな壁。どう乗り越えるか。

そういった事を考えていると更に不安になり、負のスパイラルに陥りました。

4月から本格的に選考が始まり、不安を抱えたまま受けた面接。

不安からか緊張し、言いたいことも言えずに、選考落ちの日々。

とても、苦しかったです。

私自身、引きずるタイプなので、授業などでも表情に出ていたかもしれません…。

(講師の皆様、その節は大変失礼いたしました。)

しかしどんなに苦しい時でも、私は鉄道員になりたい!

という想いだけは人一倍持ち続けていました。

また、両親、小村先生、友人などからも、

お前ならなんとかなる頑張れ!などと後押しもあり

不安な気持ちは自然と消えていきました。

それからの面接では、自分の伝えたいことを伝えれるようになっていきました。

そして徐々に選考も進むようになり、遂に6月の中旬、

内定を頂くことができました。

私は、これがゴールだとは思っていません。

夢は、鉄道の運転士になって活躍すること!

内定は夢への通過点であると思っています。

夢を叶える為のスタートラインには立つことができましたので

残り少ない学生生活、今出来る事を全力でやりきります。

思い返せば…

就職活動、私自身にとって本当に良い経験となりました。

23年間(そろそろ24年間になりますが)生きてきた中で

1つのことに本気で取り組んで、それをまともに成し遂げたというのは初めてかもしれません。

夢を持ち、追い続け、自分を信じて頑張ってきた事で

こういった良い結果に結び付きました。

もちろん、自分だけの力ではありません。

どんな苦しい時でも支えて続けてくれた両親、

正面から向き合ってくれた小村先生や、講師の皆様。

そして、愚痴を聞いてくれた心優しい友人。

皆さんの力、支えがなければこの内定は無かった。

そう思っています。

改めて感謝を伝えさせてください。

本当に有り難うございました!!

就職までのあと残り半年程、宜しくお願い致します。