Powered by Six Apart

« たくさんの経験に感謝!(鉄道blog) | メイン | みんなほんまにありがとう。(鉄道blog) »

2018年3月21日 (水)

最後の記事どす。

皆様、こんにちは。

2年の村上です。久しぶりのブログ更新となります(約半年…もっとか…サボってました)

今回が、駿台鉄道ブログで書かせてもらえる最後の機会となりました。

私が「鉄道員を仕事にしたい!」と、本格的に考えたのは、高校1年の時でした。

調べていく中で、こんな学校があるんや!と、見つけたのが、駿台でした。

そして、高校2年からは、飲食店でのアルバイトを始めました。

駆け出しのころ、飲み物を作ったり皿洗いをする担当を任せてもらった時には、動きが遅くて皿が山積み・・・店の回転にうまく付いていけず・・・先輩には厳しく叱られ・・・9時半の引継ぎに間に合わない・・・何度もやめたいなと思いました。

しかしながら、めげずに接客を続け、2年目からはホールを任せてもらいました。

しかし、イマイチ楽しいと思えず、だるいなぁ、さぼりたいなぁ、そんなことを感じる日々でした。

やがて、高校を卒業し、駿台へ入学

初めての電車通勤でワクワクしてましたが、現実はクソみたいなムサくるしい日々(爆笑)

授業が、鉄道サービス学科と銘打ってるだけあり、「鉄道」が鉄のようにふんだんに詰め込まれた授業の毎日。鉄道は好きではありましたが、「安全輸送」の授業では、界磁なんちゃら~やナントカ還元水バネなど、聞く言葉いちいち判らず、正直しんどかったです。

「パッセンジャー実習」の授業では、パッセンジャーを中心とした接客技術・対応を、電車のパチm・・・を模した部屋で学ぶ…というものです。

そこで学ぶ、グリーン車などでのパッセンジャー技術は、先述した仕事で生きることになります。

これまでのような態度を改め、市川先生よりご教示いただいた接客マナーをすぐさま実用。

すると、笑顔が増えたとか、感じがよくなったなど、先輩からお褒めいただくことが多くなりました。

そして、社員さんからの月間賞や覆面な調査員からのMVPを戴き、ポンコツながらも接客の丁寧さを認めてもらえるようになりました。

あれだけ、楽しくなかった仕事が、凄い楽しいなと感じられた瞬間でした。

また、飲食店に来られるお客様で、耳の不自由なお客様が来店され、手話をされている所を見たこと、1年後期から「手話」の授業が始まったことがきっかけで、手話技能検定を(2年生の時にですが)受験。見事合格しました。

手話だけでなく、1年生の時には、サービス介助士やサービス接遇検定、準中型免許をはじめとして、合計でつの資格を取得することができました。

2年になり早速、就職活動がスタート。

私は、尼崎生まれ・尼崎育ち、生粋の尼っ子で、

「東京は嫌や、(尼崎に至近の)関西か四国で働こう」という考えで、鉄道だけでなく、接客を中心とした一般企業、地理関係などで就活をしていましたが、結果は振るわず。お祈りの嵐でした。

そんな時、内定をくださったのが、JR西日本交通サービス様

JR西日本の中で、駅業務を専門に扱っている企業様(いわば「駅」スパート)でいらっしゃいます。

駅であれば、先述した飲食店での接客技術が生かせられると、入社を決意しました。

内定後の後期は、想定していたよりも授業が多く、しんどい日々が続きましたが、

15人のクラスメート・友人とともに乗り越え、

無事に、先日卒業式を迎える事ができました。

持つべきものはやっぱしだなぁと実感しました。祝賀会で飲み過ぎたけど・・・(笑)

ホテルで出された、瓶ビール、スコッチうまかったぁ

そして、同時にアルバイトも卒店。

真面目に働きだしてから、ファンが増えてくださり、感謝をしていただくことが増え、接客の喜びを感じていましたが、仕方がないことです。

本当に、学校とアルバイト、感謝しかありません。

両方とも続けられたのも、よき講師の先生方、よきバイト先の方々、よき友人に囲まれていたからだと思います。

本当にありがとうございました!

どうかお元気で!

==========

最後に、後輩の皆さんに大切なことを。

多分、前にも言ったのですが、本を読むこと

電子書籍じゃなくて本屋さんで売ってるもの。漫画や、鉄道ナントカみたいなモノではなく、ラノベじゃない方の小説、特に歴史ものがお勧めです。

活字だと「読むのが嫌」とかあるかもしれませんが、難しい語句や知識が身に付きます。

古いものだと、三島由紀夫先生の「金閣寺」や、司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」、

最近だと、石原慎太郎先生の「天才」がおすすめです。

電車の中の10分、寝る前の10分、今は就活で忙しいかもしれませんが、なんやら行動みたいなゲームやるなら読め(笑)是非!

もう一つ、新聞を読むこと

「読む読むばっか何やねん」って思うかもですが、こちらは就活で大いに役に立ちます。

私は小学生から新聞を読む変わった子供だったのですが(笑)

面接の場において「最近気になったニュースは何ですか」と聞かれる場合があります。読んでなければ答えることはできません。

ただ、目で読むだけでなく心で読むこと。自ずと体にしみこみます。これは本を読むのも同じです。

「俺、新聞取ってへんし~~~」という方、今はスマホがあります。

私がお勧めしているのは「電子版読み比べ」です。

自宅では、Y賣新聞を購読しているのですが、それだけでなく、S經新聞や、M日新聞、A日新聞、N本K済新聞の読み比べ。同じニュースでも違った切り口で読めますし、自分の済む地域版などはそれぞれの個性が光るので最高です(政治面はY賣とS經しか読みませんが…)

また、地元紙(この辺だと、K戸新聞やO阪日日新聞など)の電子版は、5大紙以上に地域密着・個性が光っていて、これまた最高です。是非。

そのうえでオススメなのは、スクラップ。

好きな記事、興味のある記事を切り抜いてスキャン。スマホに入れたら何回も読めるし、

電子版ならスクショでパシャリ。めっちゃええで(笑)

もちろん、これをしたからと言って就活が成功するとは限りませんが、成功するカギにはなると思います。授業も勿論ですが、息抜きをしつつ学ぶってのもいいかなって思います。

本当に「顔晴って」ください。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。